HOME(魚沼産コシヒカリ)  >  「魚沼産コシヒカリ」が出来るまで

魚沼産コシヒカリが出来るまで

新潟県魚沼市下倉の当店周辺で収穫する魚沼産コシヒカリは特においしいといわれています。その本場で作られる、魚沼産コシヒカリ米の出来るまでを紹介します。

田カキ  4月中旬(雪が消えた後)

魚沼の山々に残雪が残る頃、冬の雪の重みで硬くなった田んぼを、トラクターで耕し田植えに備えます。

籾蒔き(もみまき)  4月下旬

籾(米の種)を育苗箱に蒔き、発芽器に入れ発芽させます。
発芽まで1週間程度です。

ハウス内(発芽後の育成)  4月下旬

発芽してから、田んぼに植えられる大きさまで、ハウス内で保育します。
気温が低い場合はストーブを入れる事もあります。

田植え  5月上旬

成長した苗を、田植機で田んぼに植えます。
冬の雪が多いため他の地域より遅めです。

8月初旬  (稲の花開花)

このころ稲の花が咲きます。開花は昼間のわずか2〜3時間程度です。
開花後、35〜45日程度で稲刈りができます。

9月中旬から下旬  (稲刈り)

毎年豊作を願って手塩にかけた魚沼産コシヒカリの収穫です。
 
 
写真:はさ掛け(天日干し)魚沼産コシヒカリのさらに最高のおいしさ引き出します
▲ページTOPへ

こだわり魚沼・新潟特産品紹介

商品紹介・販売ページ

魚沼産コシヒカリのご注文

お支払い・ご注文方法
販売法の表記
運営会社
生産農家ご紹介
店長のごあいさつ

「魚沼産コシヒカリ」が美味しい理由

「魚沼産コシヒカリ」が出来るまで

「魚沼産コシヒカリ」のおいしい炊き方

「魚沼産コシヒカリ」の保存方法

 
mail プライバシーポリシー サイトマップ